スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

大鳴門橋@お茶園展望台

いつもご覧いただき有難うございます。m(_ _)m

前回は千畳敷からの大鳴門橋の写真でしたが、今回は高速道路の反対側
お茶園展望台からの大鳴門橋の写真を投稿させていただきます。


【1】
P1470359.jpg

お茶園展望台の名前は阿波藩主「蜂須賀公」が茶屋を設けて、
鳴門の渦を観潮した場所であることに由来するそうです。

渦潮見物には最高の場所だと思います。(*^_^*)v


【2】
P1470378.jpg

大きな岩の上に枝振りの良い松を見つけたので、岩の上に登って松を入れて撮ってみました。


【3】
P1470388.jpg

ゴールデンウィークだったので、沢山の人で賑わっていました。


【4】
P1470408.jpg

明石大橋が出来て日本一の吊り橋ではなくなりましたが
渦潮を含めた景観の美しさでは決して負けてはいないと思います。


【5】
P1470409.jpg

鳶が気持ちよさそうに飛んでいました。


【6】
P1470420.jpg

お茶園展望台にある展望台から大鳴門橋を撮影してみました。


【7】
P1470421.jpg

底まで見えるエメラルドグリーンの海がとても綺麗でした。



【8】
P1470451.jpg

前方の山上に見える建物は大塚国際美術館です。

陶板画による世界の名画が見られます。

陶板画ですが色彩の再現性は素晴らしく、実物大で再現されているため
迫力があって見応えがあります。

入場料は非常に高いですが、見る価値はあると思います。

ちなみにチラ見中心に回っても一日で見きれないほどなので
数時間しか時間がとれない場合は、興味がある絵画だけ
じっくり見るのがオススメです。

スポンサーサイト
web拍手 by FC2

テーマ : 風景写真
ジャンル : 写真

コメント

No title

2枚目のこの枝は素晴らしい効果ですね。
写真がぐっと締まっているようです。
明石大橋はやっぱり青空が似合いますね。

ララ 様

ララさん、いつも有難うございます。m(_ _)m

鳴門海峡はかれこれ10数回行っていますが、
今回ほど天候に恵まれたのは記憶にありません。

「鳴門海峡なんて、どっちでも良い」と言っていた女房と娘も
帰るときには「行ってよかった」と感激していました。

これで大渦が橋の手前で渦巻いていたら完璧ですが
この空と海の色を見れたので十分満足です。

こんばんは♪

明石大橋 からの渡ってみたくなります
美しいエメラルドグリーン 素晴らしいですね。
青空と一体になってとても 素敵です(^-^)☆

トマトの夢 様

トマトの夢さん、いつも有難うございます。m(_ _)m

海の色はその日の天気とも無関係ではなく、鉛色の空だったら
いかに水が綺麗でもけっしてエメラルドグリーンの海なんて見えません。

この日は快晴に恵まれて、綺麗なエメラルドグリーンに見えて本当にラッキーでした。(^ー^)v

こんばんわ。

天候にも恵まれて、最高のシチエーションの中、見事な景観ですね。美しい海と鳴門大橋。素晴らしいですね。拍手。

笠ぼん 様

笠ぼんさん、いつも有難うございます。m(_ _)m

ここは遠足の定番のコースで何度も訪れていますが、本格的な渦潮を見たのは一度きりです。

機会があれば橋の手前で大渦が出来ている写真を撮りたい気持ちはあります。

しかしこれだけ綺麗な空と海に恵まれたので、大渦は見れなくとも十分満足しています。v(⌒ー⌒)
非公開コメント
置き手紙
おきてがみ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
こねこ時計 ver.1
Cats
Sweets
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
プロフィール

とほほ

Author:とほほ
ブログも、デジタル一眼も初心者です。写真って本当に奥が深くて難しいですね!少しづつスキルアップしていけたらと思っています。

アクセスカウンター
カウンター設置から、今までに
検索フォーム
リンク
地球の名言

presented by 地球の名言

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ブログご訪問の足跡

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。