スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

稚鮎の遡上@那賀川北岸用水堰 Part2

いつもご覧いただき有難うございます。m(_ _)m

稚鮎の遡上の写真がまだ残っていましたので
投稿させていただきます。


【1】
P1460086.jpg

これは前回投稿したのと同様の魚道の向こう側を撮影した写真です。



【2】
P1460071.jpg

これは魚道の手前、手を伸ばせば鮎を捕まえることが
出来そうな距離から撮影しました。


【3】
P1460072.jpg

カメラに水が掛からないか不安を感じるほど
轟音をたてて水が飛び散っていました。


【4】
P1460070.jpg

稚鮎の遡上の写真は、これで終わりとなります。

稚鮎の遡上の撮影はじっくり時間をかけて撮らないと
納得できるような写真は撮れないと感じました。

スポンサーサイト
web拍手 by FC2

テーマ : 撮ってみた
ジャンル : 写真

コメント

こんばんはー
稚鮎の遡上パート1を見逃してましたので、パート1含めて拝見させて頂きましたー

写真きちんと撮れてますよー
僕なんか、稚鮎がいなくても川の写真に四苦八苦してます。

稚鮎の遡上、確かに感動もんです!良いもん見せてもらいました。

こんばんは♪

稚鮎が跳ね上がってる 様子が 見てとれ
3枚目水のしぶきと稚鮎に感動させられ
いつもながら
とほほさんの 写真に対する意気込みを感じます☆

onorinbeck 様

onorinbeck さん、いつもありがとうございます。m(_ _)m

ズームレンズを持たずに出掛けたときの撮影だったので、
鮎が小さく写っているのが気になる点です。(≧∇≦)

onorinbeck さんに、"良いもん見せていただきました"と
言って頂き、こんなに嬉しいことはありません。(*^_^*)v

トマトの夢 様

トマトの夢さん、いつもありがとうございます。m(_ _)m
ズームレンズを持っていなかったため多少の水掛かりの
リスクもありましたが、接近して撮影することにしました。
出来はイマイチだと思いますが、激しい流れを遡上している
稚鮎の生命力を少しでも感じていただければ嬉し思います。(^∇^)
非公開コメント
置き手紙
おきてがみ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
こねこ時計 ver.1
Cats
Sweets
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
プロフィール

とほほ

Author:とほほ
ブログも、デジタル一眼も初心者です。写真って本当に奥が深くて難しいですね!少しづつスキルアップしていけたらと思っています。

アクセスカウンター
カウンター設置から、今までに
検索フォーム
リンク
地球の名言

presented by 地球の名言

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ブログご訪問の足跡

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。