スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

嗚呼!感動!稚鮎の遡上

いつもご覧いただきありがとうございます。

更新が滞っていますが、不定期的ながらも更新をしていきたいと思っています。

先日、那賀川の近くに行く用事があったので、以前から気になっていた
稚鮎の遡上の写真を撮ろうと思って那賀川の河原に降りてみました。

具体的にどこに行けば撮影できるという情報は一切持たずに行ったのですが、
その場所にたどり着くのには、車を止めて2分とかかりませんでした。


【1】P1250653d_mini.jpg

小さい鮎が激流に逆らって遡上する姿は本当に感動的でした。

泳ぐというより、はっきり言って空を飛んでいるという印象でした。

鮎の遡上を考えて、設計した階段状の堰を飛ぶように遡上していました。

一段の高さは目測で約45センチ前後という感じでした。


【2】P1250664b_mini.jpg

感動の半分も表現できていないような気がしますが
再度チャレンジしたい魅力のある被写体だと思います。

ただし、今はそれほど時間的余裕がなくて無理だと
思うので、来年の課題にしたいと思っています。


【3】P1250665b_mini.jpg

本当に手が届くほどの位置で鮎の遡上が観察出来ますが
堰の周辺は上流下流共に禁漁区となっています。


【4】P1250666b_mini.jpg

鮎は次々に遡上してきますが、いつシャッターを切ってもかならず
鮎が撮影できるというわけではなく、鮎の数には波があって
一度に大量の鮎が遡上する場面と、全く鮎が見えなくなる場面が
交互にやってくるという感じです。

鮎の遡上を撮るなら連射で撮りたいところですが、私のカメラは
連射能力は極めて弱いので、鮎が増えるタイミングでシャッターを切りました。

鮎の写真と共に周辺の風景写真も撮って来ましたので、
数回に分けてアップロードしたいと思います。

本日も勝手ながらコメント蘭は閉じさせていただきます。

宜しくお願い致します。
スポンサーサイト
web拍手 by FC2

テーマ : 撮ってみた
ジャンル : 写真

置き手紙
おきてがみ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
こねこ時計 ver.1
Cats
Sweets
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
プロフィール

とほほ

Author:とほほ
ブログも、デジタル一眼も初心者です。写真って本当に奥が深くて難しいですね!少しづつスキルアップしていけたらと思っています。

アクセスカウンター
カウンター設置から、今までに
検索フォーム
リンク
地球の名言

presented by 地球の名言

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ブログご訪問の足跡

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。