スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

BEFORE-After 薔薇のレタッチ失敗編

今日の薔薇は35㎜フィルム用の古いZUIKOレンズで撮影していますので
独特の色合いと質感があります。

独特の色が付加されたような色合いとなるため、写すものによっては
レタッチが不可欠ですが、昨日のAFTER-BEFOREでも、レタッチ後の
写真よりレタッチ前の方が良いというコメントばかりでした。

ZUIKO独特の色合いさえ許せるなら、特にレタッチの必要性はなさそうです。


【1】P1190782.jpg
周辺部分のウグイス色こそZUIKOレンズならではの色あいです。

LUMIXの標準レンズで撮影すると、こんなウグイス色にはなりません。

独特なZUIKOカラーとも言える色合いをレタッチする場合は、自動補正では
ブルーが強調され過ぎた不自然な画像となりやすいと感じています。

そのためフィルムレンズを使って撮った写真のレタッチは、自動調整ではなく
様子を確認しながらマニュアルで調整をした方ががいいと思います。

今回のレタッチは失敗作ですがどんな失敗なのか興味のある方だけ、
続きを読むをクリックしてください。
【2】P1190782f1.jpg
小さいサイズのままだと分かりづらいですが、拡大すると
後ろの花弁がやや不自然になっているのを感じます。

不自然さが目視で確認できるレベルなら当然レタッチなど
しない方が良いことになります。

レタッチなしでも鑑賞に耐えられる写真を撮るっていうのが
写真の王道でしょう。

そもそもレタッチはあくまでも補正の手段にすぎない点を自覚して
レタッチは、ほどほどにするのが良いようですね。



スポンサーサイト
web拍手 by FC2

テーマ : 花の写真
ジャンル : 写真

コメント

こんにちわ。

レンズで味わいが変わりますね。
凄くいい勉強になりなす。

たかたん 様

いつもコメント有難うございます。m(_~_)m

やはりフィルム用はフィルムカメラに最適化されているため
デジカメに使うと独特の色が付加されるのをすごく感じます。

ウグイス色の色あい自体はそれほど嫌いではありませんが
ナチュラルな色かどうかと言うと全然ナチュラルではありません。

そのため本来の色に近づけようと思えばレタッチに頼らざるを得ません。

レタッチに正解はあってないようなものなので、本来の色など求めようと
せずに、好みの色あいに仕上げたらいいのだと思っています。

こんばんわ。

写真は、なんか難しい!色々と考えさせられます。ポチ。

なるほど、レタッチは奥が深いですねー
うぐいす色のバックは僕も好きだからレタッチしなくても、十分、イケテル写真だと思います。

笠ぼん 様

いつもコメント有難うございます。m(_~_)m

写真は本当に奥が深いと思いますね。

レタッチに限らず試行錯誤やってますが、それらも楽しみのうちですね。

onorinbeck 様

いつもコメント有難うございます。m(_~_)m

レタッチは中途半端にやると弊害もあると思います。

大胆に色や形を変えてイラストにすれば、一気に悩みは解消しますね。d(*^ー゚)b グッ!!
非公開コメント
置き手紙
おきてがみ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
こねこ時計 ver.1
Cats
Sweets
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
プロフィール

とほほ

Author:とほほ
ブログも、デジタル一眼も初心者です。写真って本当に奥が深くて難しいですね!少しづつスキルアップしていけたらと思っています。

アクセスカウンター
カウンター設置から、今までに
検索フォーム
リンク
地球の名言

presented by 地球の名言

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ブログご訪問の足跡

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。