スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

北海道の旅

img223.jpg

中世のヨーロッパをイメージしたホテルモントレ札幌の中庭。

モントレグループのホテルは、札幌の他に東京、大阪、神戸と利用したが
どこも、中世ヨーロッパをイメージしたデザインである。

朝食バイキングをここで食べることができることを帰宅する日の朝食後に知った。
一度ここで食事をしたかったものだが、後の祭りである。とほほ~。

img242.jpg

中庭の花を接写。花の名前はあいにく不明。
キク科の花だと思うが、それも全く自信なし。

img296.jpg


img265.jpg

翌日小樽の一日観光、最初は小樽水族館へ。
熱帯魚の色は、花に負けず劣らず美しい。

img420.jpg

クマノミと言うより、ディスニーのニモと言った
ほうが、有名かもしれない。
当日も「ニモよ。」と話す親子がいた。
鮮やかなオレンジ色が印象的な熱帯魚である。

img353.jpg

クラゲが幻想的で、たいへん美しかった。
蝶々魚が泳ぎが速くてピント合わせに手こずったが
クラゲは、ゆっくリと泳ぐのでピント合わせは楽だった。

P1010489.jpg


午後から小樽運河周辺で硝子細工のお店や
オルゴールのお店でショッピングした。

再開発で作られるモダンな新しい街並みとは
一線を画す、古き良き時代が残された街並みは素晴らしい。

お店の床板が歩くたびにギシギシときしみ音を
たてていたが、なぜかそれさえも味わい深く感じさせてしまう。

たったひとつ失敗だったのは、昼食を水族館ですませたことだった。
小樽運河沿いには美味しそうなお店が、
いくつもあったからである。とほほ~。

img52.jpg


夜は「ととと」という変わった名前の
居酒屋でお食事をした。
味の方は、大変美味しかった。

img593.jpg

翌日、北海道大学の博物館へ行った。

巨木の間の草原では、学生たちが
バーベキューをしていた。

都会の中のキャンパスとは
思えないほど自然に恵まれており
素晴らしい限りである。

img606.jpg

北海道大学といえば、ノーベル賞を受賞された
鈴木章先生を忘れてはならない。
自筆の色紙と共に金メダルレプリカが展示されていた。

時間がなかったので、じっくり見られなかったが
本当はもう少しじっくり見たかった。とほほ~。

スポンサーサイト
web拍手 by FC2

テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

コメント

非公開コメント
置き手紙
おきてがみ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
こねこ時計 ver.1
Cats
Sweets
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
プロフィール

とほほ

Author:とほほ
ブログも、デジタル一眼も初心者です。写真って本当に奥が深くて難しいですね!少しづつスキルアップしていけたらと思っています。

アクセスカウンター
カウンター設置から、今までに
検索フォーム
リンク
地球の名言

presented by 地球の名言

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ブログご訪問の足跡

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。