スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

だるま朝日

P1150606_m.jpg
LUMIX G VARIO 7-14mm F4.0 1/15sec で手持ち撮影

『だるま朝日』も『だるま夕陽』も写真でしか見たことがありませんでした。

『だるま朝日』は幸福を呼ぶと聞かされたら、見たくなるのが人情ってものです。

『だるま朝日』が展望できるのは、海岸から40~50km以遠に水平線が見える場所であり、
一定の角度、水蒸気による霧や雲に覆われることがない条件から冬至前後の2ヶ月程度で、
見えるのは2~3分程度だそうです。

徳島県の東海岸はその絶好の地で、大気の温度と海水の温度との差が大きい日に
出来やすいそうですが、これは時の運なので、変えようがありません。

朝4時に起きて天気予報をチェックしてみたら気温は前日比-3度と出ていましたので
『気温が下がっても、海水温度は急には下がらないのでこれはチャンスかも知れない』
と思って三脚をかついで自転車で海岸に出かけてみました。

到着したときには水平線の上に雲が立ち込めており、『こりゃあかん』と思いましたが、
せっかく来たので、『だるま朝日は無理でも、せめて朝焼けの写真だけでも撮ろう』
と思って三脚を据えて何枚か写真を撮った後、海岸をちょっと散策して帰ろうと思っていました。


P1150630_m.jpg
Tokina 70-210㎜ F4.0 1/500sec 三脚使用(以下同じ)

しばらく散策していて太陽の方角を見たら、先ほどまで水平線まで
立ち込めていた雲が移動して水平線から太陽が半分出ていました。

状況が一変したので、再度撮影を再開しました。


P1150634_m.jpg

太陽が出てくる瞬間こそ撮り逃しましたが、後半『朝日だるま』が出来て
水面から離れるまでの一部始終を連続写真でお見せいたします。


P1150639_m.jpg

太陽の近くに漁に出かける漁船が見えます。

完全に左右対称の『だるま朝日』ではありませんが、一応『だるま朝日』です。

P1150643_m.jpg

タンカーの後ろに見える島は、伊島で漁業や民宿で生計を立てる人々が
暮らしており無人島ではありません。


P1150649_m.jpg

雲が左から右方向へ流れているのがお分かりいただけるでしょうか?


P1150651_m.jpg

雲が流れていなければ、『だるま朝日』は見られなかったでしょうね。

P1150653_m.jpg

本物の太陽とダミーの太陽が離れていく瞬間です。


P1150654_m.jpg

『だるま朝日』は太陽とダミーの太陽に2つにわかれました。

ちょっと不完全な『だるま朝日』ですが、左右対象の完全な『だるま朝日』
は何度も足を運ばないと見られないでしょうね。

家からこの岸まで10分くらいなので、完全なだるまも狙ってみたいと思います。

この後、雲を抜けた後の朝焼けも撮影していますが、それは明日のお楽しみ。

明日に続きます。


スポンサーサイト
web拍手 by FC2

テーマ : 夕陽・夕焼け・朝日・朝焼け
ジャンル : 写真

コメント

No title

お~連日
 えぇもん見せて戴きました!
物凄くご利益がありそうですね(笑)
O(-人-)O アリガタヤ・・

朋 様

いつもコメントありがとうございます。m(_~_)m

『えぇもん』と言っていただき嬉しく思います。

ゲストの皆様にもだるま朝日のご利益があれば幸いです。v(*'-^*)

こんばんわ。

素晴らしいですね。^^
200でダルマって弱いなと思ったのですが
隣の船が凄くダルマを引き立ててくれてますね。
そこを逃さずに撮ってるのが、本当に凄いです。
それに朝日だと言うのが、ほんとに凄いです。
たかたんの所の明石でも今日はダルマ夕日だったんですが、島影に喰われました。
紅葉の撮影の帰りに寄ったのでPLを忘れていたのでシャッターが落ちない(汗)
などトラブル発生で失敗しましたが、これからは空気が澄み夕景と夜の境が美しい季節になりますので頑張れたら頑張ろうかなと思ってます。^^

たかたん 様

いつもコメントありがとうございます。

隣に船がいてくれたのは、本当にラッキーでした。

「だるま朝日」は「だるま夕陽」に比べ出来にくいらしいですね。

たかたんさんは、明石市の方だったんですか。

明石は本州に行く時かならず通りますので、すごく親近感がわきます。

たかたんさんの「だるま夕陽」期待しています。o(@^◇^@)oワクワク

おはようございます。

私も、時間を追っての夕日をよく撮影しました。朝日も良いもんですね。

笠ぼん 様

早朝から沢山のコメントありがとうございます。m(_^_)m

私が夕陽や朝日を撮りたくなったのも、笠ぼんさんや土佐けんさんの
夕日の写真を見て感動したのがきっかけです。

海に沈む夕陽が撮りたくても、徳島では海は東なので不可能ですから
必然的に海から朝日が登るシーンとなります。

最も大きな違いは何かというと、朝日は早起きしなければ撮れない
というハードルがあることでしょうね。
非公開コメント
置き手紙
おきてがみ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
こねこ時計 ver.1
Cats
Sweets
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
プロフィール

とほほ

Author:とほほ
ブログも、デジタル一眼も初心者です。写真って本当に奥が深くて難しいですね!少しづつスキルアップしていけたらと思っています。

アクセスカウンター
カウンター設置から、今までに
検索フォーム
リンク
地球の名言

presented by 地球の名言

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ブログご訪問の足跡

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。