スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

大塚国際美術館 Part3

img1110045.jpg

大塚国際美術館は作品によって、部屋の照明を暗くして

スポットライトを当てるなど、作品に合わせ展示方法を変えていました。


床のタイルには矢印で順路が明示されていましたが、「俺たち、順路逆に回ってるね」

と話しつつ逆方向から回ってきた若者がいたかと思えば、添乗員が引き連れたツアー客

一行も同様に逆回りで説明しながらまわったりと順路を逆に見学する方が意外と多かった。


逆回りしているのは、順路の設定を知らない人たちか、順路を熟知した上であえて反対に

回るリピーターかのいずれかのようでした。


途中で逆回りに回っていることに気づいたとしても、そのまま逆方向に回る方が賢明でしょうね。


img1110117.jpg

作品名 夜警
作者 レンブラント・ファン・レイン
制作年 1642年
素材 キャンバスに油彩
寸法 363 cm × 437 cm (143 in × 172 in)
所蔵 アムステルダム国立美術館(アムステルダム)

写真では小さいように見えますが、実物は畳8枚に匹敵する大作です。

やはり大きい作品こそ、美術館で見なければ本当の良さはわからないと思います。

向かって右側の白い服を着た男性の胸に巻いたシルクの布の
質感の表現は見事というほかない高精細さでした。

レンブラントの技巧も驚異的ですが、大塚オーミ陶業(株)の
陶板画製作の精度も驚異的だと思います。

名画にまつわるエピソードを知ることで名画鑑賞は数倍楽しくなります。

ご興味のある方は、Wikipediaの夜警解説 を御覧ください。

img1110151.jpg

作品名 踊りの花形(エトワール、あるいは舞台の踊り子とも呼ばれる)
作者 エドガー・ドガ
制作年 1876-77年
所蔵 オルセー美術館

img1110152.jpg

作品名 花束をもって挨拶する踊り子
作者 エドガー・ドガ
制作年 1878年
所蔵 オルセー美術館

Wikipediaのドガの説明はこちら



img1110161.jpg

作品名 落穂拾い
作者 ジャン=フランソワ・ミレー
制作年 1857年
所蔵 オルセー美術館

Wikipediaのミレーの説明はこちら

img1110162.jpg

作品名 ムーラン・ド・ラ・ギャレット
作者 ピエール=オーギュスト・ルノワール
制作年 1876年
素材 油彩
寸法 131 cm × 175 cm (52 in × 69 in)
所蔵 オルセー美術館(パリ)

Wikipediaのムーラン・ド・ラ・ギャレットの説明はこちら

img1110155.jpg

作品名 花と果物
作者 アンリ・ファンタン・ラトゥール
制作年 1865年
寸法 64 cm × 57 cm
所蔵 オルセー美術館(パリ)

アンリ・ファンタン・ラトゥールの説明はこちら

スポンサーサイト
web拍手 by FC2

テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

コメント

No title

とほほさん、はじめまして♪
昨日はコメントをありがとうございました。

名画の数々にびっくりし、
撮影OKなことにもびっくりしました。
> 陶板名画
なんですね。聞いたことはあったかもしれませんが
美術方面に疎く、その存在は此処で初めて知りました。
美術の教科書に載っている有名な絵画もたくさんあって
興味深く拝見させていただきました。

花の写真もたくさん撮っておられるようですね。
また遊びにきます☆

仁子 様

コメントありがとうございました。

陶板名画は大塚国際美術館しかない
のではないかと思います。

撮影OKですがフラッシュやストロボは
NGだそうですので、ビデオで撮影
している方が比較的多かったようです。

私は絞り開放でスローシャッターで撮影しました。

拙いブログですが、よければまた遊びに来て下さい。

No title

こんばんは、

 大阪国際美術館ってフラッシュ無しなら撮影okなんて、随分と太っ腹ですね~。レンブラント大好きです。今日、千葉の川村美術館でレンブラントやルノワールやシャガール等などを見てきました。たまには美術館で良い絵を見るのは良いですよね~。

No title

いいですね
 少年達が名画を見る。。

スポーツは戦いですが
 芸術は
  私達と神との
   唯一の接点です。

一人でも多く
 争う事を捨て芸術を愛する事を
   願っています。



onorinbeck 様

コメントありがとうございます。

写真撮影許可は陶板画ならではの措置だと思います。


川村美術館ではレンブラントやルノワールやシャガールといった

巨匠の本物がまとめて見られるようですね。


身近にそういう美術館があることは素晴らしいことだと思います。


たまには名画を鑑賞して、リフレッシュしたいものです。






朋 様

さすがはブログ詩人の朋さんらしい、表現だと思います。

詩的コメントと言っても過言ではない「深イイお言葉」ですね。
非公開コメント
置き手紙
おきてがみ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
こねこ時計 ver.1
Cats
Sweets
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
プロフィール

とほほ

Author:とほほ
ブログも、デジタル一眼も初心者です。写真って本当に奥が深くて難しいですね!少しづつスキルアップしていけたらと思っています。

アクセスカウンター
カウンター設置から、今までに
検索フォーム
リンク
地球の名言

presented by 地球の名言

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ブログご訪問の足跡

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。