スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

殿様バッタ

裏山の畑で雑草のマクロ撮影をしているときに足元に
じっとしている殿様バッタを発見しました。

せっかくのチャンスなので、ダメ元で撮影を開始しました。


P1540079.jpg

ダメ元のはずがレンズを近づけても逃げないばかりか
このバッタは色々なポーズをしてくれる良いモデルさんでした。(^ー^)v

バッタって警戒心が強いので、ほとんどの場合すぐに
逃げられてしまいますがこういうバッタや蝶もたまに遭遇します。

普通は良くて数枚ですが、このときは10枚程度は撮影出来ました。(^ー^)v

スポンサーサイト
web拍手 by FC2

テーマ : 撮ってみた
ジャンル : 写真

イトトンボ by MACRO-HEXANON

いつもご覧いただき有難うございます。m(_ _)m

イトトンボが南天の木に止まっていました。

三脚据える間に逃げられるので、そっと近づき手持ち撮影で撮ってみました。


P1530443.jpg

ズーミングが出来ないので"頭と尻尾はくれてやれ"って
格言に従ってそのまま撮りました。ヾ(・ω・o) ォィォィそりゃ株のこっちゃ~!!

ブルーグレー調の色合いが私の好みでなかったので
ホワイトバランスを弄って温かみのある色調にしてみました。(^ー^)v


web拍手 by FC2

テーマ : 撮ってみた
ジャンル : 写真

チョウの幼虫

いつもご覧いただき有難うございます。m(_ _)m


IMG_0903.jpg

近所の道路で蝶の幼虫を見つけたので写真を撮ってみました。

ネットで調べるとアゲハチョウの幼虫だと緑色なので
アゲハチョウの幼虫ではないようです。

なんという蝶の幼虫かは不明です。


IMG_0901.jpg

葉っぱを使って葉っぱの上に移動したら、
死んだふりして動かなくなりました。

凄くインパクトの有る模様なので、どんな色の蝶になるのか興味津々です。((o(´∀`)o))ワクワク

web拍手 by FC2

テーマ : 撮ってみた
ジャンル : 写真

空飛ぶ蜂

いつもご覧いただき有難うございます。m(_ _)m

徳島みなと公園で夕景を撮って帰る途中に
たまたま見つけた蜂を撮ってみました。


空飛ぶ蜂

空を飛ぶ蜂はオートフォーカスではピントが合わないので
ピント固定のまま、シャッターをひたすら押しまくりました。

撮影中は液晶画面など、いっさい見もしません。

大半はピント以前に手ブレでブレまくっていましたが
たった一枚だけ撮れた、ブレてない写真がこれです。(^ー^)v

「下手な鉄砲数撃ちゃ当たる」とは言うものの
今までの経験では成功確率は1%未満です。

フィルム写真ならこんな撮り方は到底できませんが、
デジカメなら失敗OKですからね。(´^з^)ブブ

web拍手 by FC2

テーマ : 撮ってみた
ジャンル : 写真

カメムシのシルエット

いつもご覧いただき有難うございます。m(_ _)m

タデの花に小さい虫が止まっていたので
シルエットを撮ってみました。


P1500841.jpg

虫はたぶんカメムシの仲間だと思います。

人の気配に鈍感で警戒心は皆無だったので撮影は楽でした。

web拍手 by FC2

テーマ : 撮ってみた
ジャンル : 写真

スイバとナミテントウ

いつもご覧いただき有難うございます。m(_ _)m

突然ほとんどのプログラムのアイコンがリンク切れで
使用不可能になってしまいました。

調べてみるとデータ保存とプログラムのインストール用の
Eドライブが原因不明のトラブルで消えていました。

OSはSSDにインストールしているのでPCの起動が出来ない
わけでは有りませんが、ほとんどのソフトをEドライブに
インストールしているのでインターネット閲覧以外は、
何も出来ない状況に陥ってしまいました。

ハードディスクを取り外してUSB接続でアクセスしてみると
フォーマットして下さいというメッセージが出ましたが
電源を入れなおせばデータを読み取れるようになったので、
Fast Copy というWindows最速のコピーソフトを使って
3TBのハードディスクからデータを回収しているところです。

HDDメーカーいろいろありますが、日立IBM、シーゲート、サムスンと
色々使ってみましたが全てクラッシュを経験しています。

まあHDDは壊れるものと考えてバックアップすべきなのは言うまでも
ありませんが、新しいうちだからと考えていたのが間違いでした。

今回HDD購入に際しては、容量当たり単価ではシーゲートに劣るが
レビューの点数が良いウェスタンデジタルを初めて購入してみました。

緊急事態なので、以前投稿しようとして下書きのまま
放置していたナミテントウの写真を投稿させていただきます。


【1】
P1480810.jpg

ナミテントウで検索すると一口にナミテントウと言っても
模様にいろいろなバリエーションがあることに驚きます。


【2】
P1480808.jpg

ナミテントウが登っている雑草はタデ科ギシギシ属の多年草スイバです。

スイバの地下の根茎を掘り取り、水洗いして日干しにして乾燥したもの
を酸模(さんも)といい収斂、利尿、緩下の効き目があり、便秘、胃内出血
小便の出にくい場合や尿砂などをとる場合に用いられるのだそうです。

外用には、生の根茎をおろし器ですりおろして患部に塗布します。
これは抗菌作用があり、たむしなどの寄生性皮膚病やかいせんなどに良く効きますが、
皮膚の弱い人やアレルギー症の人の場合には、かぶれる場合がありますので注意が必要です。

天日乾燥した、花穂、全草を細かく刻んで、熱湯を入れてお茶のように飲用すれば、
健胃、整腸、抗がん作用があるとされています。

スイバは、柔らかい芽を採取して、熱湯に塩を少し入れてゆで、水にさらしてアク抜きをしてから、
味噌・酢・みりんであえて、おひたし、あえもの、煮びたしや塩をふって即席漬けにもよくあいます。

スイバには、多量のシュウ酸を含むので、多食すると肝臓に障害を起こす場合があるので注意が必要です。

なお、スイバは、近年の薬理実験による研究により制がん効果が知られるようになりました。

どこにでも生えている雑草なのに凄いですね。ヽ((◎д◎ ))ゝヒョエ~ web拍手 by FC2

テーマ : 撮ってみた
ジャンル : 写真

ヤマトシジミ

いつもご覧いただき有り難うございますm(_ _)m

自宅のすぐ前の空き地でヤマトシジミを撮ってみました。


P1500130.jpg

逃げられたので音を立てないように静かに追いかけていくと
翅を広げて格好の良い姿でポーズしてくれました。

音を立てると逃げられるので、腕を伸ばしてカメラを
差し出す格好で撮影しました。

翅の色が黒っぽい感じがするので、たぶんメスだと思います。

ブルーの色が強くて美しいのがオスだそうです。(^ー^)v

web拍手 by FC2

テーマ : 撮ってみた
ジャンル : 写真

キマダラセセリ

いつもご覧いただき有難うございます。m(_ _)m

昆虫の写真が続きます。

実を言うとネタ切れです。(;´∀`)


【1】
P1490688.jpg

家のすぐ裏の空き地で撮影しました。


【2】
P1490726.jpg

艶のある葉っぱは紫陽花の葉っぱですが、
梅雨なのに花がひとつも咲いていません。


【3】
P1490692.jpg

艶のない葉っぱはランタナの葉っぱです。

出来ればランタナの花の上で撮影したかったけれど、
キマダラセセリは知らんぷりぷりって感じでした。

ゼンマイのように口を伸ばした所を撮ってみました。


【4】
P1490683.jpg

キマダラセセリは綺麗というより愛嬌があって可愛い蝶ですね。(^ー^)v
web拍手 by FC2

テーマ : 撮ってみた
ジャンル : 写真

ベニシジミ

いつもご覧いただき有難うございます。m(_ _)m

昨日に引き続きシジミチョウの写真を投稿させていただきます。

【1】
P1490676.jpg

紅色が入ったベニシジミですが、夏に孵化したベニシジミは
ご覧のように黒っぽいのが特徴なんだそうです。

蜜を吸っている花は薬草として有名なドクダミです。


【2】
P1490666.jpg

この花が気に入ったのかかなり長い時間この場所にいましたので
じっくりと何枚も撮影出来ました。


【3】
P1490654.jpg

ヒメジョオンの花の蜜を吸っているところを撮ってみました。

蜜に夢中になっているので、比較的楽に近づけました。

web拍手 by FC2

テーマ : 撮ってみた
ジャンル : 写真

ヤマトシジミ

いつもご覧いただき有難うございます。m(_ _)m

今日は近所の空き地で撮ったヤマトシジミの写真を投稿させていただきます。


【1】
P1330564.jpg

翅を閉じているところを横から、そっと近づいて撮ってみました。



【2】
P1330577.jpg

近所で一番多く見かける蝶が、このヤマトシジミです。

本当は翅を開いた時のほうが数倍美しいので、期待して
待ちましたが翅が開いたのは、逃げる時だったので撮れません。(笑)



【3】
P1330569.jpg

こんなポーズでさえ撮れない日もあるので、まあ良しとしよう。(●´・△・`)はぁ~

web拍手 by FC2

テーマ : 撮ってみた
ジャンル : 写真

虻@近所の空き地

いつもご覧いただき有難うございます。m(_ _)m

家の近所の空き地で見つけた虻を撮ってみました。


P1490522.jpg

実はこの場所、昨年まで家が建っていたのですが
取り壊された後、今では雑草に覆われています。


P1490530.jpg

通りがかりに雑草の先端に虻がとまっているのを発見して
急いでカメラを取りに帰って撮ってみました。

警戒心はなく逃げずにじっとしていてくれたのですが
風で雑草が揺れまくっていたので置きピンで風の息を読みながら撮影しました。

現像するまでピンがあっているかどうか不安でしたが
歩留まりは思ったより良く50%以上ありました。(^ー^)v

web拍手 by FC2

テーマ : 撮ってみた
ジャンル : 写真

ホソヒラタアブ

いつもご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m

今日は久しぶりに昆虫写真を投稿させていただきます。



【1】
IMG_0613b.jpg

たんぽぽの上に二匹のホソヒラタアブを見つけたときに
iphoneで撮影した写真です。

左から勢い良く飛んでくる一匹のホソヒラタアブが見えますね。


【2】
IMG_0614b.jpg

後から来たホソヒラタアブは、二匹のうちの一匹に
速攻で近づいて行きました。


【3】
IMG_0615b.jpg

一秒も経たぬ間に交尾を開始しました。∑(ёロё)ホエー!!

花を撮っていると交尾を見かけるのは珍しく有りませんが
目の前でこんなに一瞬で交尾を始めたのを見たのは初めてでした。


【4】
P1480841.jpg

iphoneでは画質的にイマイチなのでいったん帰宅して
大急ぎでカメラを持って再び撮影にきました。

この間2~3分でしたが、交尾をしていたアブはどこかに消えていました。


【5】
P1480839.jpg

二匹はどこかに消えましたが、残った一匹は
花の奥にある蜜に夢中になっていました。


【6】
P1480829.jpg

iphoneとデジイチの画質を比較してみると、
花びらの違いが特に大きいと感じました。

同じ日に同じ被写体を撮影してみると、
やっぱりiphoneとの画質の差は歴然としていますね。

web拍手 by FC2

テーマ : 撮ってみた
ジャンル : 写真

蟻のマクロ写真

いつもご覧いただき有難うございます。m(_ _)m

今日は蟻のマクロ写真を投稿させていただきます。


【1】
P1460003x.jpg

我が家の芍薬が蕾のときに撮った蟻のマクロ写真です。

何かコミュニケーションを行なっているように見えます。

芍薬の蕾には必ずといってよいほど蟻が数匹ずついますが、
蟻にとって美味しそうな甘い香りがするのでしょうね。


【2】
P1460279.jpg

木影に生えていたツユクサの葉っぱの上を歩いていた一匹の蟻です。

部分的な木漏れ日が、ちょっと幻想的な雰囲気を
醸しだしているように感じました。(^ー^)v

web拍手 by FC2

テーマ : 撮ってみた
ジャンル : 写真

アメンボ

いつもご覧いただき有難うございます。m(_ _)m

今日は以前撮ってアップロード可能な状態で放置されていた
アメンボのマクロ写真をアップロードさせていただきます。


P1290112.jpg

アメンボは静止している時間が殆ど無いのが普通ですが
この日見つけたアメンボは適度に止まってくれました。


P1290120.jpg

アメンボの顔をこれだけ近くで見たのは初めてでした。

アメンボって愛嬌ある顔していますが、刺すことがあって
刺されると軽く腫れるそうです。

アメンボにもいくつか種類があるようですが、私にはこれ以上詳しい名前は判りません。

アメンボについて学んでみたい方はアメンボ研究室というホームページが詳しくて面白いと思います。

web拍手 by FC2

テーマ : 昆虫の写真
ジャンル : 写真

アメンボの波紋

いつもご覧いただき、有難うございます。m(_ _)m

女房と娘がディスカウントストアへ行っているときに撮った写真です。


【1】P1330500b.jpg

ディスカウントストアの横の排水路にアメンボがいました。


【2】P1330501.jpg

アメンボ自体より、アメンボの作る波紋が面白いと思って撮影しました。


【3】P1330507.jpg

動いたり止まったりするので、綺麗な波紋を撮ろうとすれば
シャッターを切るタイミングが重要です。


【4】P1330508.jpg

「上の方の二匹のアメンボさん、もうちょっと離れてくれない」って言っても無理ですね。


【5】P1330509.jpg

10枚ほど撮影した中で、私が一番好きな波紋はこれですが、色彩的に一番好きなのは【2】です。



web拍手 by FC2

テーマ : 撮ってみた
ジャンル : 写真

ヤマトシジミの雌

【1】P1330564.jpg

我が家の前の空き地にはヤマトシジミがたくさんいます。

ヤマトシジミは普通はあまりじっとしていない蝶ですが
今日見かけた蝶は近づいても、なぜか逃げようとしませんでした。


【2】P1330568.jpg

撮影中じっとしている蝶なんて、望んでもめったに巡り会えるものではありませんが
同じ構図で何枚も撮ってもしかたが無いので、葉っぱを揺らして移動を促しました。


【3】P1330573.jpg

再び葉っぱを揺らして【2】とは別のカタバミの葉っぱに移動させました。


【4】P1330574.jpg

遠くに逃げられれば追いかけるのに大変ですが
すぐ近くの葉っぱに移動するだけでした。

これほど撮影しやすい蝶は、めったにいないでしょうね。

やや小型で翅の表が黒いのでメスのヤマトシジミです。


【5】P1330577.jpg

ヤマトシジミはオスの方が美しいと思います。

オスは翅の色が黒ではなくて黒と水色のグラデーションで
大変美しいですが、この日はオスは見かけませんでした。

オスの翅を広げた写真をご覧になりたい方はこちらをご覧ください。

web拍手 by FC2

テーマ : 蝶の写真
ジャンル : 写真

シオヤアブ

いつも、ご覧いただき、ありがとうございます。<(_ _)>

カンナの花を見ていたら葉っぱに昆虫がいたので写真を撮ってきました。


【1】P1310070.jpg

大型の虻の様でしたが名前が不明でしたので、Googleで調べてみると
シオヤアブという虻であることが判明しました。


【2】P1310072.jpg

カメラを5センチまで近づけても逃げる様子はありません。


【3】P1310091.jpg

実は虫が逃げないのは、片方の翅がなかったからでした。

いったいどこから飛んで来たのでしょうね?

想像ですが、ここに飛んでくるときには翅があったが
ここで喧嘩をして翅を食いちぎられたのかな?

最近こういう昆虫が以外と多いと感じます。

昆虫にとって翅がないのは致命的で可哀そうですが
どうにもしてあげられないのが残念です。o(*>Д<)ゝ < ザンネ-ンッ!! web拍手 by FC2

テーマ : 昆虫の写真
ジャンル : 写真

ツマグロヒョウモン

いつも、ご覧いただき、ありがとうございます。<(_ _)>

今日は、近所で良く見かけるツマグロヒョウモンの写真です。


【1】P1300332.jpg

住宅地の中の空き地でもよく見かける蝶です。

二匹のツマグロヒョウモンが我が家のランタナに止まっていました。


【2】P1300333.jpg

逃げないうちにカメラを回して、縦構図で撮ってみました。


【3】↓の写真にマウスを乗せると翅を広げた後、イラストに変わります!翅半開のツマグロヒョウモン


同じ位置で翅の状態が異なる写真が二枚以上撮れたので
マウスオンで翅を広げイラストで終わるようにしてみました。

(再度最初から見る場合は、F5キーで画面を更新してください。)

画像を重ねるなら、本当は三脚で写真を撮るとベターなのですが
たまたま見つけて撮っていますので三脚準備する余裕はありませんでした。

手持ち撮影なので当然もっとズレているのですが、3D写真用の
フリーソフトのズレ修正機能を使ってトリミングしています。


【4】↓の写真にマウスを乗せると翅を広げた後、イラストに変わります!翅半開のツマグロヒョウモン

こちらは近所の空き地で撮ったツマグロヒョウモンです。

止まっているのは三尺バーベナという花です

こちらも同じ位置で二枚以上写真が撮れましたので同じように
タグを書いて3つの画像を重ねてみました。
web拍手 by FC2

テーマ : 昆虫の写真
ジャンル : 写真

アシナガバエ

いつも、ご覧いただき、ありがとうございます。<(_ _)>

今日はアシナガバエという美しい虻をご紹介します。

「えっ、ハエじゃないの?」って思われるかもしれませんが、
名前にハエが付きながらハエより虻に近いのだそうです。

ならばアシナガアブにしなかったのは、どういうこっちゃ~。

責任者出てこ~い。。・゚・(´∀`*)゚・・。ヴァノヽノヽノヽノヽノヽノヽノヽ


【1】P1300616.jpg

アシナガバエには大きな特徴が二つあると感じました。


【2】P1300601.jpg

最大の特徴は、何と言っても金色と緑色が混じったような美しい色でしょう。

二つ目の特徴は驚異的なスピードの飛行能力だと思います。

【3】P1300608.jpg

葉っぱの上に滞在する時間は平均で2秒もないぐらいで
訳もなく次から次へ飛び回っていました。

イメージ的にはUHOのように瞬間に移動するような飛び方でした。

驚異的な飛行速度には驚くほかありません。.:.;::.;:´*)ス….:.;::Д´*)ス….:.;::(*`Д´*)スゲ─ッ!!!

昆虫の持つ驚異的な運動能力にはいつも驚かされます。オォォーーー!! w(゚ロ゚;w(゚ロ゚)w;゚ロ゚)w オォォーーー!!


【4】P1300610.jpg

アシナガバエ科に属する種は、世界で約240属7000種ほどが記録されており、
ヨーロッパでは65属約900種、日本では12属約60種が記録されている。

ただしアシナガバエ科の分類学的な研究は進んでおらず、
実際の種数は15000種に達すると予想されている。

日本にも、未記録種を含めて約500種ほどが生息していると推測されている。


【5】P1300611.jpg

せいぜい一秒か二秒しか同じ位置に滞在しないので、ピント調整が難しかった。ァァ━(-益-。)━ッ...


【6】P1300619.jpg

ただ一つの救いは同じ葉に戻ってくる習性が
あることが観察していてわかったことでした。

逃げられてもスタンバイしてひたすら待つ
これの繰り返しで何枚かの写真が撮れました。(●^д^)=3*:;;:*ホッ*:;;:* web拍手 by FC2

テーマ : 撮ってみた
ジャンル : 写真

孵化直後の蝉

いつも、ご覧いただき、ありがとうございます。<(_ _)>

今朝、母校の校庭をうろついていたら、思いがけない写真が撮れました。

【1】P1300556.jpg

草が揺れるのを感じたので、揺れた草を見るとバッタがいました。

バッタはすぐどこかに行ってしまいましたが
バッタのいた場所を見るとグレーっぽい何かが見えました。

それは粉をまぶしたかのようなホワイトグレーの蝉の背中でした。


【2】P1300563.jpg

普通の蝉ならバッタが近づくはずはありませんが
孵化直後の蝉は一見蝉と分からない様な色合いなので
バッタも蝉の背中とは知らずに飛びついたのでしょう。


【3】P1300565.jpg

動かないのは孵化直後で、体がまだ柔らかいのでしょう。

横から見ているとお尻の先だけピクピク動いていました。


【4】P1300566.jpg

上にいるのが孵化直後の蝉で、下にある泥まみれものが蛹の抜け殻です。

早朝に孵化したのかもしれませんが
出来ることなら孵化のシーンを見てみたかったですね。
web拍手 by FC2

テーマ : 撮ってみた
ジャンル : 写真

ハグロトンボ

いつも、ご覧いただき、ありがとうございます。<(_ _)>

今日は家のすぐ横で撮影したハグロトンボの写真です。

名前の通り翅が黒褐色のトンボですが、体が金属光沢のある緑色で
翅の黒と調和してとても優雅で美しいトンボです。


【1】P1300079.jpg

イトトンボに似て、スリムな体型でイトトンボを一回り大きくした感じです。

このトンボは我が家の隣にある廃屋の南天の木の周辺で
雑草などの葉に止まっているのをよく見かけます。


【2】P1300083.jpg

不思議なことに、このトンボを見かけるのは、いつも半径10m以内の狭い範囲です。

どこにでも飛んで行けるトンボなのでちょっと不思議な気もしますが
羽化後の若い個体は薄暗いところを好み、水域から離れて林の中で生活するらしいので
廃屋の北側は気に取り囲まれて薄暗いので、ハグロトンボの好みの環境なのでしょう。

成熟すると再び水域に戻り、明るい水辺の石や植物などに止まり縄張りを張るのだそうです。


【3】P1300087.jpg

初めて見かけたのは、アジサイの花にホソヒラタアブが来て
花粉を食べた写真を撮った日でしたので、半月以上前のことです。

写真を撮ろうとすると一応逃げますが、少し場所を変える程度で
息をひそめてゆっくりと近づくと、逃げられずに撮影できました。

このトンボは蝶のようにひらひら舞うので、長距離を飛ぶのは苦手そうにも見えます。


【4⇔5】レタッチ前画像

同じ位置で翅を閉じた状態と広げた状態の両方を撮った写真がありましたので、
マウスの乗せると翅を広げるように、タグを書きました。

画像の上にマウスを乗せると羽を広げますので、マウスを乗せてみてください。 web拍手 by FC2

テーマ : 昆虫の写真
ジャンル : 写真

アゲハ蝶

いつも、ご覧いただき、ありがとうございます。<(_ _)>

袙海岸の朝日が続いたので、今日はアゲハ蝶の写真をアップロードします。


【1】P1300167.jpg

蝶にはいつも逃げられっぱなしですが、この日はなぜか違いました。( ´^ิ∀^ิ`)


【2】P1300168.jpg

蝶を下から見上げて撮影できたのは、廃屋の屋根に野ぶどうが絡み付いていたからです。


【3】P1300170.jpg

私は廃屋のすぐ横に立って、万歳状態 \(-o-)/
で撮っていますので、当然ピント確認ができません。

50cmくらいでピントが合うよう固定して、勘だけを頼りに撮影しました。


【4】P1300186.jpg

ピントにこだわっていたら、チャンスを逃していたことでしょうね。( ̄Д ̄;;


【5】P1300188.jpg

二匹のアゲハ蝶が接近していました。

蝶はプロポーズをしようとしているように見えました。
_| ̄|○)) 頼む!お願い!この通り!


【6】P1300189.jpg

羽の形や色による雄雌の見分け方もあるようですが、見分け方はよくわかりません。

アタックしている方がオスだと思うので、たぶん手前の蝶がオスでしょうね。


【7】P1300190.jpg

この後二匹が連れ添うように飛んでいきました。

他にもアオスジアゲハやカナブン、熊蜂なども来ていました。

花が咲いているわけでもないのに、何を目的に
たくさんの虫たちが集まっているのか不思議です。( ̄へ ̄|||) ウーム web拍手 by FC2

テーマ : 昆虫の写真
ジャンル : 写真

ミツバの茎の蟻

いつもご覧いただき、ありがとうございます。

今日は、見ての通り、またまた蟻です。d(´∀`)b


【1】P1270455x.jpg

私の自宅の庭にはミツバが自生しています。

そのミツバの茎の上を歩く蟻を撮ってみました。

たぶんアブラムシを取っているのだと思います。


【2】P1270456x.jpg

蟻の撮影で難しいのは、手ぶれや植物の揺れに加え、
蟻が常時動くこともあってピント合わせは本当に苦労します。


【3】P1270458x.jpg

当然シャッターをきる瞬間は、息を止めて行いますので
シャッターを切るまでの時間が長引けば、めっちゃ苦しいです。(。´-д-)ハァハァハァ


【4】P1270474x.jpg

蟻って、見ていると面白くて退屈しません。

【5】P1270467x.jpg

花に頭を入れて花粉を食べているようですね。

二枚撮って一枚はピンボケ写真でした。

web拍手 by FC2

テーマ : 撮ってみた
ジャンル : 写真

ナミテントウムシ

いつもご覧いただきありがとうございます。

今日はナミテントウムシの写真です。

【1】ナミテントウムシ

てんとう虫と言えばナナホシテントウムシが有名ですが、星が多かったり
少なかったりする場合、ナミテントウムシの可能性が高いようです。


【2】ナミテントウムシ

ナミテントウムシは黒地に2つの赤い紋、黒地に4つの赤い紋、赤や黄色に多くの紋、
赤や黄色の無地など体色に多くの変異があるのだそうです。


【3】ナミテントウムシ

おそらく、これもの仲間でしょう。


【4】ナミテントウムシ

父が趣味で作っている、じゃがいもの葉っぱの上に、
この模様のナミテントウムシがたくさんいました。


【5】ナミテントウムシ

アブラムシを食べると書いてありましたので
一応益虫なのでしょうね。


【6】ナミテントウムシ

じゃがいもの葉っぱが穴だらけなのは、ナミテントウムシのせい?

それはいまだに不明です。

赤地に黒い星のナナホシテントウムシも撮影しましたが
忙しいのなんの、動きまくってまともな写真は
一枚も撮らせてくれませんでした。(;´д`)トホホ

web拍手 by FC2

テーマ : 撮ってみた
ジャンル : 写真

ワラジムシ

いつもご覧いただき、ありがとうございます。

よもぎの葉っぱの上に、ダンゴ虫みたいな虫がいました。



【1】P1270065b_mini.jpg

ダンゴ虫は地面に近いところで見る場合が多く
葉っぱの上にいるのは珍しいと思いました。


【2】P1270062b_mini.jpg

調べてみると、ダンゴ虫に似た虫としては、タマヤスデのほかに
ワラジムシという虫もいてこの虫は甲羅の特徴からダンゴ虫でも
タマヤスデでもなく、どうやらワラジムシみたいです。


【3】P1270063b_mini.jpg

Wikipediaによると現在世界で1,500種が知られており、日本でも100種ほどが知られていると言うが、
実際には400種あるかもとも言われており、1980年代くらいまでほとんど手つかずであった研究が
現在は進行しており、多くの新種が確認されつつあるそうである。


【4】P1270064b_mini.jpg

警戒心がないのか、それとも動作が遅いだけなのか
は不明ですが、きわめてゆっくりと動くだけで
大変撮影しやすい虫だと感じました。

本日もコメントは閉じさせていただきます。

明日からコメント再開予定ですので、
よろしくお願いたします。 web拍手 by FC2

テーマ : 撮ってみた
ジャンル : 写真

カマキリと赤とんぼ

P1140060_mini.jpg

P1140063_mini.jpg

P1140069_mini.jpg

私がカメラを持っている目の前でカマキリに捉えられた赤とんぼです。

周囲は赤とんぼが沢山飛んでいましたが、最初私がカマキリを
見つけたときには板の上にはカマキリだけでした。

このときこんな板の上ではカマキリも隠れようがなく丸見えなので、
「そんなところではオマンマにありつけないでしょ?」って思っておりました。

しかし私の考えと裏腹に、カマキリの至近距離に止まっては飛ぶ行為を繰り返す
無謀極まりないバカトンボ(赤とんぼ)が数匹現れました。

「カマキリを挑発してスリルを味わっているの?」と聞きたくなるほどでした。

写真左側の赤とんぼも、同じ目にあってもおかしくない至近距離ですよね。

トンボって複眼なので板とカマキリがほとんど同じ色なので認識できないのでしょうか?

捕まったトンボは、捕まる直前にはカマキリの向こう側5㎝くらいのところに
いて、カマキリがカマを向けようとした瞬間にいったん飛び立って難を逃れたのに・・・・

そのあと、何を血迷ったのかカマキリの頭上スレスレを飛ぼうとして
私がカメラを構えている目の前で捕まってしまいました。

弱いものが強いものに食われるのが自然界の掟ですが、
このトンボに関して言えば厳しい言い方ですが自業自得ですね。

蝉を襲ったとき蝶を襲ったときは、襲われた直後に気付いての撮影でしたが、
今回は襲われる前からじっと見ていましたので、その瞬間をキッチリ目撃しました。

「人間でも調子に乗って油断していると、思いがけない失敗をすることもあるんだよ。」
っていう警鐘だと受け止めておきたいと思います。


web拍手 by FC2

テーマ : 昆虫の写真
ジャンル : 写真

スズメバチ、クマバチ

img1130715.jpg

隼人瓜の花に蜜を吸いに来たスズメバチです。

かなり大型の蜂で飛んでいる音もものすごく迫力があります。

数百の大群でもないので、注意しておけば刺される心配はまずありません。

スズメバチは蝶やトンボと違って、カメラ近づけてもほとんど気にしません。

逃げようともせず、だからといって撮影に協力的でもない。

蜜を吸いたいという本能のまま花から花へ移動するのみで
カメラが近づこうが人が近づこうが行動に変化はありません。

堂々とした態度には、貫禄さえ感じますね。

img1130178.jpg

コスモスの花で蜜を吸っているのはクマバチです。

こちらも大型の蜂で、スズメバチ同様に警戒心は弱い方です。

しかし警戒心がないとはいえ、迅速にピントを合わせないと、すぐに次の花へ移動します。

ホバリングしているところを狙ったけれど、結局ピントが決まらず諦めました。(´Д`|||) トホホ

web拍手 by FC2

テーマ : 昆虫の写真
ジャンル : 写真

とんぼの体操

img1130610.jpg

体操選手さながらのポーズをとっているのは赤とんぼです。


赤とんぼの隣に貝がくっついているのは、ここがシオマネキが生息している

大潟干潟の中に立てられた竹の棒だからです。


たまたま近くに行く用事があり、シオマネキや周辺にいる野鳥を

撮影しようと思って立ち寄ってみました。


しかし今回は地面が乾燥しており、シオマネキが穴に入っているのか

殆ど見かけませんでした。


また前回、かもめ、川鵜、アオサギなどが仲良く並んでいる光景を

見かけながら、望遠を持っておらず悔しい思いをしましたが、

今回は望遠を持っていながら、野鳥がいませんでした。Σ( ̄ロ ̄lll) ガビーン



同じ赤とんぼが別の竹にも止まっていましたが、どちらのトンボも

このようにお尻をあげた姿勢で止まっていました。


赤とんぼにもいろいろ種類があるようですが、昆虫の名前は

それほど詳しくないので赤とんぼであること以上の説明は出来ません。


竹にくっついている貝の名前はヘナタリウミニナのいずれかだと思いますが

ヘナタリとウミニナの違いが、私にはさっぱりわかりません。


この貝は茹でて食べるとたいへん美味ですが、最近では生息している場所が

減少しているようですね。


シオマネキや野鳥はいませんでしたが、お尻を上げた赤トンボが撮れたので

ちょっとは癒されました。

img1130540.jpg

こちらの鉄棒の体操選手のような格好のトンボはやや大きめのイトトンボでしょうか?

詳しい名前はわかりませんし、イトトンボかどうかさえ自信はありません。


自宅玄関出てすぐに生えている南天の木にからまった蔦にぶら下がっていました。


このイトトンボは警戒心全くなしでカメラ近づけても逃げないので

死んでいるのかと疑ったほどでしたが、ちゃんと生きていました。



web拍手 by FC2

テーマ : 昆虫の写真
ジャンル : 写真

袖にヤマトシジミ

img1130479.jpg

img1130483.jpg

人が少ない田舎でなければできないことでしょうが、私は朝起きてすぐ、

パジャマのままで家の周辺で撮影をすることがあります。


えっ?「田舎でもそんな奴は、ほとんどいない。」ですか?

そうかもしれませんね。(。´^¬^)チョットネェ(^△^;;)ソダネェ



この日、小さいヤマトシジミを見つけたので、写真を撮ろうとしていたら珍事が発生しました。


接写しようとカメラを近づけていくと、ヤマトシジミが急に飛び立ちましたが

逃げられたのかと思いきや、なんと私のパジャマの袖口に止まったではありませんか。


ゆっくり腕を伸ばしてみたら、軽量のGF2なら片手撮影できそうだったので

記念に何枚か撮影してみました。


オートフォーカスが効かないうえ、片手撮影なのでピントリングも操作できません。


ちょうど接写をしていたときだったので、既に接写向けのピントになっていたので

カメラを前後させてピントをあわせて撮影をしました。


蝶の後ろにボケた私の手が写っています。

蝶のフレンドリーな態度に、さわやかな気分になりました。d(*^ー゚)b グッ!! web拍手 by FC2

テーマ : こんな事がありました!
ジャンル : ブログ

ホタルガ

img1120840.jpg

img1120846.jpg

img1120847.jpg

ノブドウの写真を撮ろうとして、葉を見ると数日前にインターネットで

見たばかりの、見覚えのある蛾が目に入って来ました。


インターネットで一目見た時から、「写真撮ってみたいけど、お目にかかれる

可能性はほとんどないだろう。」と思っていたので、こんなに早くお目に

かかることが出来るとは思ってもみませんでした。


インターネットで見ていたので、マダラガ科のホタルガという蛾であることは

すぐに分かりましたが、見ていなかったら、蝶だと勘違いしたに違いありません。


名前の由来は、全身が黒くて頭部だけが赤い体色がホタルを思わせるためだそうです。


昼間に可憐に飛び回るチョウのイメージに対し、蛾は、夜に行動、地味、気持ち悪い

昆虫などというマイナスイメージをお持ちの方が多いのではないでしょうか?


でもホタル蛾なら、今までの蛾に対するイメージを覆してくれるんじゃないでしょうか?

少なくとも私の蛾に対するイメージは、この蛾を見て覆されました。


昆虫には逃げられることが非常に多いので、ホタル蛾を見つけてすぐ

逃げられる前にその場で接近せずに一枚撮影をしました。


とりあえず一枚撮れば、あとは細心の注意を払いながらジワリジワリと

近づいて撮影しようとしましたが、相当な風が吹いておりピントを

合わせられないまま、逃げられそうな雰囲気になってきました。


葉の揺れを止めるため、ノブドウの蔓を左手でつかみ、右手で片手撮影を

試み、次の写真を無事撮影し気持ちが楽になりました。


さらに逃げられるのも覚悟の上でLUMIX 14㎜ F2.8で限界まで接近を試みました。


覚悟を決めて近寄ってみると、予想に反して警戒心がなさそうだったので、

今度は横の方からも数枚の写真を撮りました。


せっかく見つけながら、逃げられる場合が多いのですが

今日は運良く何枚かの写真を撮れたので満足でした。



web拍手 by FC2

テーマ : 昆虫の写真
ジャンル : 写真

置き手紙
おきてがみ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
こねこ時計 ver.1
Cats
Sweets
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
プロフィール

とほほ

Author:とほほ
ブログも、デジタル一眼も初心者です。写真って本当に奥が深くて難しいですね!少しづつスキルアップしていけたらと思っています。

アクセスカウンター
カウンター設置から、今までに
検索フォーム
リンク
地球の名言

presented by 地球の名言

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ブログご訪問の足跡

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。