スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

カモジグサの雫

いつもご覧いただき有難うございます。m(_ _)m

空梅雨で雨が降らず、今日も暑いですね。

少し前に撮った雫の写真を投稿させていただきます。


P1480820.jpg

雑草の名前は、Googleで調べたらカモジグサかアオカモジグサのどちらかだと思います。

以下ネットからコピペの説明です。

両種はたいへんよく似た形態をしていますが、カモジグサは小穂の色が粉っぽい緑色で
芒(のぎ)が紫を帯びることが多く、アオカモジグサは小穂が淡緑色なので、なんとなく
区別できるのですが、はっきり区別するためには、小花を内頴側からルーペで見るのが一番です。
内頴が護頴(外頴)と同長ならカモジグサ、内頴が護頴より明らかに短ければアオカモジグサです。


P1480819.jpg

こちらはカモジグサの茎の部分に着いた雫です。

雨ばかりも嫌だけど、空梅雨では夏場の水不足が心配です。・:∵(;´∀`A冷汗il||li
スポンサーサイト
web拍手 by FC2

テーマ : 撮ってみた
ジャンル : 写真

雫とコガネムシ

いつもご覧いただき、ありがとうございます。<(_ _)>

今日は、雑草の葉に付いた雫の写真です。

【1】P1290372.jpg

丸ーい雫が付いた葉っぱ見つけると、私は撮らずにおれません。(笑)


【2】P1290373.jpg

どこにピンを合わせるか、考えた末に左手奥の水玉に
逆に映った光景にピンを合わせるつもりで撮りました。


【3】P1290374.jpg

こんな写真は雨の日に傘を差しながら撮影できますので
梅雨時のネタ確保にはうってつけの被写体ですね。


【4】P1290375.jpg

ちなみ家のすぐ前の空き地の雑草の葉に付いた雫です。


【5】P1290378.jpg

コガネムシが小雨の降る中、葉っぱの上にいました。

葉っぱの上の水を飲んでいるのかもしれません。


【6】P1290379.jpg


数日前にも同じ種類のコガネムシが丸一日以上
サフランモドキの花で滞在しているのをみかけました。

このコガネムシもここで長時間じっとしていました。

このコガネムシは、同じところに長時間滞在する
習性があるような気がします。


今朝は天気が良かったので、久しぶりに近くの海岸で朝日の写真を
撮ってきましたので、後日アップロードさせていただきます。

web拍手 by FC2

テーマ : 撮ってみた
ジャンル : 写真

波紋のネタばらし

いつもご覧いただき、ありがとうございます。

今日は昨日の波紋の素材となった元画像を
色調補正をしていないオリジナルでお見せいたします。


【1】P1270761.jpg

これは植物の葉っぱの間に張った蜘蛛の巣についた雫です。

中央付近の大きな雫のすぐ下に波紋を加工したのが昨日の一枚目でした。

【2】P1270757.jpg

空中に浮かんでいる丸い球も実は水滴です。

背景の球ボケも植木鉢に張った蜘蛛の巣についた雫です。

手前の空中に浮かんだ水滴にピントをあわせて撮ってみました。

球のような水滴の直下に波紋を加工したのが昨日の二枚目でした。


【3】P1270718.jpg

これも蜘蛛の巣にべったりと雫が着いた写真です。

この写真に波紋を加工したのが、昨日の三枚目です。


【4】P1270754.jpg

【2】と同じですが別アングルの写真です。

昨日の写真はレタッチ後、正方形にトリミングして波紋の加工をしました。


それぞれの写真にレタッチと波紋を加工して生まれたのが昨日の画像でした。

WaterRipplesというフリーの8bfプラグインをirfanvewerに組み込んで加工しました。

フリーソフトながら波紋の位置や幅などが簡単に調整できる優れものですよ。

失敗写真がアートに変わるかも?興味がある方は、ぜひお試しあれ。 web拍手 by FC2

テーマ : 撮ってみた
ジャンル : 写真

南天の葉に雫

南天に雫
空き家の前に植えてある南天に玉のような雫がびっしりと付いていました。


南天に雫
雫は葉の周囲に並んでびっしりと付いています。


南天に雫
少し離れた所にある別の南天は、玉状の雫は付かずに全体が濡れていますので
一定の条件を満たした南天だけが、このようになるようです。


南天に雫
雫がついた葉を接写してみました。


南天に雫
どうして、このような雫が出来るのかは謎です。


南天に雫
ただ、葉によって出来たり出来なかったりする状況から見れば
南天の葉の表面の状態と無関係ではなさそうです。


南天に雫
以前にも南天と薔薇の葉でも全く同様の雫が付いていたのも御紹介しました。


南天に雫
赤い葉は若い葉だと思われます。


南天に雫
赤い葉を接写してみましたが、雫が付いている部分以外は濡れていません。


南天に雫
雫が玉状になっていない南天は、葉っぱの全体が濡れていますが
玉状の雫ができている葉っぱは全体は乾いていて玉状の雫が出来ています。


南天に雫
雨が強すぎると、雨で叩かれて玉状の雫は出来ないみたいです。

葉の表面の状況と弱めに降る雨が揃って初めて出来るのでしょうね。


南天に雫
赤い葉はもちろん、緑色の葉にも雫が付いています。


南天に雫
普段は地味な南天の葉も、こうして雫が付くとたいへん美しいですね。


南天に雫
葉っぱだけではなく茎にも玉状の水滴が付いています。


南天に雫
雨の日ならではの光景ですが、キラキラと輝く雫は、大変美しく幻想的です。

雨の日は一般に撮影には不向きですが、悪いことばかりじゃありませんね。

web拍手 by FC2

テーマ : 撮ってみた
ジャンル : 写真

薔薇の雫

img060747.jpg

img060744.jpg

img60755.jpg

以前にも葉を取り巻く形で雫がついた南天の葉の写真をアップしたことがあるが、

今度は我が家の薔薇の葉で同じような雫ができました。


葉を取り囲むような雫は南天や薔薇では時々見かけるが、雨さえ降れば

いつも出来るわけではなく、一定の条件が揃わないと出来ないようだ。


その条件とは何かは、私の推論では次のとおりである。


(1)前提として、葉っぱの表面の状態が荒れておらず、撥水性能を保持していること。

(2)雨の降りかたが強すぎると、雨があたった振動で雫が落ちてしまうので

雨の降りかたは弱めで、霧雨とか傘が不要なほどのパラパラ雨が出来やすいような気がします。

(3)同様に振動で落ちないために、風が弱い日であることは必須条件。


以上の3条件が揃わないと出来ないのだと思っています。


この状態になる数日前にも雨が降って、そのときは葉を取り巻くような玉状の

雫はひとつとして出来ず葉全体が均一に濡れていました。


我が家は三方が山で囲まれた風の影響を受けにくい場所にあることも

こんな雫が出来やすい環境なのかもしれません。



この薔薇は枯れそうになった鉢植えのミニバラを庭に植え替えたものですが、

ほとんど放ったらかしだったけれど、枯れることもなく根づいてくれました。


薔薇ってほぼ放ったらかしでも、大丈夫なんですが、

写真にも映っているとおり、アオバハゴロモの幼虫が発生しており

木を枯らすような虫ではないけど、美観を損なうので

使用済みの歯ブラシに水をつけて擦って取ったりしています。


近いうちに小さい花が咲きそうになってきましたが

もし綺麗な花が咲いたら写真を撮ってアップしたいと思います。





web拍手 by FC2

テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

置き手紙
おきてがみ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
こねこ時計 ver.1
Cats
Sweets
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
プロフィール

とほほ

Author:とほほ
ブログも、デジタル一眼も初心者です。写真って本当に奥が深くて難しいですね!少しづつスキルアップしていけたらと思っています。

アクセスカウンター
カウンター設置から、今までに
検索フォーム
リンク
地球の名言

presented by 地球の名言

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ブログご訪問の足跡

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。